スポンサードサイト

学生向けキャッシングとリテンション・ビリオド

利息制限法(Law Concerning the Regulation of Interest)
金銭消費貸借における民法上の金利水準の上限を定めた法律。
1954(昭和29)年制定、同年6月15日施行。主な内容は、以下の通り。
金利(元本10万円未満の場合年20%、同10万円以上100万円未満の場合年18%、同100万円以上の場合年15%)を定め、
これを超える利息の部分は無効とした。
礼金、手数料などの名目で徴収する金銭は利息とみなすことを規定。
遅延損害金(債務不履行による賠償額)の予定の率は、制隈金利の2倍以内とする。
→出資法、貸金業規制法

利息天引き金利(the discount rate)
利息天引き方式に基づく表面金利。

利息天引き方式(the discomt method of computing the finance charge)
表面金利(利息天引き金利)に相当する利息額を、
融資時点で徴収する融資方法。

リタイアメント・プランニング(retirement planning)
退職後の人生設計。→ファイナンシャル・ブランニング

リテールバンキング(retail banking)
個人や中小企業を主な対象とする銀行経営のこと。
大企業相手の取引を中心とするホールセールバンキングに対応するもの。
低利の小口預金を受け入れる一方、当座勘定の提供や小口の住宅・消費者ローンなどを行う。 
ホールセールバンキング

リテンション・ビリオド(retention period)
加盟店契約会社(アクワイアラー)が、
売上票(売上原票など)の保管を義務づけられている期間。

リトリーバル・リクエスト(retrieval request)
カード発行会社(イシュアー)が、加盟店契約会社(アクワイアラー)に対して、
売上票原本またはコピーを取り寄せて欲しいと要求すること。
posted by カードキャッシング at 21:25 | 学生向けキャッシング用語集

学生向けキャッシングとリテンション・ビリオド

利息制限法(Law Concerning the Regulation of Interest)
金銭消費貸借における民法上の金利水準の上限を定めた法律。
1954(昭和29)年制定、同年6月15日施行。主な内容は、以下の通り。
金利(元本10万円未満の場合年20%、同10万円以上100万円未満の場合年18%、同100万円以上の場合年15%)を定め、
これを超える利息の部分は無効とした。
礼金、手数料などの名目で徴収する金銭は利息とみなすことを規定。
遅延損害金(債務不履行による賠償額)の予定の率は、制隈金利の2倍以内とする。
→出資法、貸金業規制法

利息天引き金利(the discount rate)
利息天引き方式に基づく表面金利。

利息天引き方式(the discomt method of computing the finance charge)
表面金利(利息天引き金利)に相当する利息額を、
融資時点で徴収する融資方法。

リタイアメント・プランニング(retirement planning)
退職後の人生設計。→ファイナンシャル・ブランニング

リテールバンキング(retail banking)
個人や中小企業を主な対象とする銀行経営のこと。
大企業相手の取引を中心とするホールセールバンキングに対応するもの。
低利の小口預金を受け入れる一方、当座勘定の提供や小口の住宅・消費者ローンなどを行う。 
ホールセールバンキング

リテンション・ビリオド(retention period)
加盟店契約会社(アクワイアラー)が、
売上票(売上原票など)の保管を義務づけられている期間。

リトリーバル・リクエスト(retrieval request)
カード発行会社(イシュアー)が、加盟店契約会社(アクワイアラー)に対して、
売上票原本またはコピーを取り寄せて欲しいと要求すること。
posted by カードキャッシング at 21:25 | 学生向けキャッシング用語集

学生向けキャッシングと資金ポジション

ハイリスク・ハイリターンの運用により預金者の高利回りの要求に応えるという戦略をとる可能性もあり、
モラルハザードの問題を伴う。
米国ではこれがS&L(貯蓄貸付組合)の経営危機の一因ともいわれている。
→モラルハザード

翌月1回払い(monthly clear, apay-as-you-go basis within each billing cycle)
分割払いでなく、翌月に一括払いするシステムのカード代金支払方法。

与信(to make credit)
取引先に対して信用を供与すること。→信用供与

与信可能(creditworthiness)
信用供与に値する(creditworthy)状況にあること。

与信管理(control of making credits)
過剰与信が行われていないかどうかなどを管理すること。
与信基準の見直し、チェックなどをさす場合もある。

与信技術(the qualification techniques for creditworthiness)
与信に値するかどうかを判断する技術のこと。

与信基準(standard of credit worthiness, rating criteriat to one's credit risk)
顧客が信用供与に値するかどうかを判断するための基準のこと。

与信業務(the operation of making credits)
金融機関が顧客に信用を供与する業務。

与信限度額(1ine of credit)
→クレジットライン

与信車(creditor, grantor)
信用を供与する人。

与信ダンビング(to make credits too much extent)
与信基準を大幅に引き下げることで、より多くの与信を行うこと。

与信チェック(tests of credit worthiness)
顧客の信用度合をチェックすること。

与信判断(the creditor's tests of creditworthiness, the creditor's rating of one's credit risk, the creditor's judgement of creditworthiness)
顧客の信用度合を与信者が審査、判断すること。

預貸率(bank loan-deposit ratio, the loandeposit ratio, ratio of loans to deposits)
預金残高に対する貸出残高の割合のこと。
銀行の資金ポジションを示す経営指標の1つ。
預貸率が100%を下回っている状態は、
預金残高が貸出残高を上回り、資金に余裕のあることを示す一方である。

セゾンカードローン
posted by カードキャッシング at 08:48 | 学生向けキャッシング用語集

学生向けキャッシングとトリプルカード

(イ)暴力的態度
(ロ)大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること、多人数で押しかけること等
債務者、保証人等の私生活又は業務の平穏を害する次のような言動を行ってはならない。
正当な理由なく、午後9時から午前8時まである。
その他不適当な時間帯に電話で連絡し、
若しくは電報を送達し、又は訪問すること
継続して、電話で連絡し、若しくは電報を送達し又は訪間すること
はり紙、落書き、その他いかなる手段であるを問わず、キャッシングサービス。
債務者の借入れに関する事実、その他プライバシーに関する事項等をあからさまにすること
勤務先を訪問して、債務者、保証人を困惑させたり、不利益を被らせたりすること
その他債務者、保証人等に対し、次のような行為をしてはならない。
他の貸金業者からの借入れ又はクレジットカードの使用等により弁済することを要求すること
債務処理に歯する権限を弁護士に委託した旨の通知、
又は調停その他裁判手続きをとったことの通知を受けた後に、
正当な理由なく支払請求をすること。
法律上支払義務のない者に対し、支払請求をしたり、
必要以上に取り立てへの協力を要求すること。
その他、正当とは認められない方法によって請求したり、
取り立てをすること
→貸金業規制法

取引(trade, transaction, bargain)
商売上の売買、貸借など、営業行為を取り交わすこと。

取引銀行(correspondent bank)
預金口座のある銀行のこと。
当座取引、手形割引、貸出取引などを行っている銀行。

取引先(client, correspondent, customer)
商売上の取引相手先。

トリプルカード(triple card)
1枚のカードに3社の機能を持たせたカード。
その代表例は、郵貯のキャッシュカードと、
信販・小売店のダブルカード(提携カード)がドッキングしたもの。

一定期間無利息の学生専用キャッシング|学生専用キャッシングと学生OKキャッシングの紹介
posted by カードキャッシング at 02:29 | 学生向けキャッシング用語集

学生向けキャッシングとコンピューター・ネットワーク

報告すれば、不正振替(決済)に対する消費者の責任は50ドルに限定する。
キャッシュカードの紛失・盗難の場合、60日以内に届けなければならない。
この届けを行わなかった時の個人責任の上限は500ドル。
金融機関がEFTアクトの規定に従わなかった場合。
被害を受けた消費者は、実際の損害に100ドルから1000ドルの間の懲罰的損害賠償額を加えた額を請求できる。
勝訴した場合は、裁判費用二弁護士費用も請求する権利が与えられ、
クラスアクション(集団代表訴訟)も認められる。
→EFT

電子商取引(EC=electronic commerce)
インターネットなどコンピュータネットワークを使った経済活動。
電子決済は、電話回線などの通信ネットワークを利用して情報をやりとりし、
資金の移動や製品・サービス代金の決済を済ませる方法。
銀行などの窓口に行かなくても、会社や家庭のコンピュータや通信端末で直接、
金融機関に送金の指示ができるため、商取引に関する事務の効率化につながる。

電子商取引トラブル(electronic commerce trouble)
インターネットなどのコンピューター・ネットワークを利用する電子商取引。
「訪問販売等に関する法律」(訪問販売法)に規定される通信販売であるが、
契約当事者の顔が見えず、相手方の特定や責任追及が困難なことなどから、
悪質商法が行われやすい。パソコン通信やインターネットの普及とともにトラブルも増大している。
特徴的な被害として、ネットワーク上で本人かどうかを確認するID番号とパスワードを盗み出し、
本人になりすまして売買契約をする「なりすまし契約」があるが、
IDやパスワードは本人が管理することになっているため、被害救済は難しい。
posted by カードキャッシング at 04:26 | 学生向けキャッシング用語集

キャッシングと担保物件の価値

担保(collateral, security, warranty)
債務不履行の際に、債権回収を確実にするための手段、あるいは保証物件。

担保貸し(secured loan, collaterall loan, secured advance)
担保の提供を条件に行われる融資のこと。→抵当ローン

担保価値(collateral value)
担保物件の価値。

担保権(security right, right of p1edge)。債権者。
債権者の債権を担保するために設定された権利。

担保権者(mortgagee)
担保権を有している者。

坦保帳の行使(exercise of security right)
債務者が憤務不履行に陥った場合に、
担保権者が担保物件を競売などにかけて債権の回収を図ること。
担保差し入れ有価証券。
坦保差入れ有価証券(securities deposited as collateral)
担保として差し出す有価証券のこと。

担保制度(the system of security right)
担保権者が、その担保物に関して、
他の債権者に優先して弁済を受けることのできる制度。
一般に、債務者が債務不履行に陥った場合である。
債権者が複数存在していると「債権者平等の原則」によって、
それぞれの債権額に応じて、
平等に清算財産の配分を受けることになる(この場合、債権発生の順序や強制執行手続を誰が行ったかなどは無関係)となっている。
これに対し、担保にとった財産については、
他の債権者とは無関係に、独白に担保財産から債権の回収を図ることができる。
→質権、譲渡担保、代物弁済の予約

担保目録(inventory of security)
担保物件の目録。

担保余力(the net worth of collateral)
担保物件の評価額と既存担保設定額との差。

担保ローン(secured loan, collateral loan)
担保の提供を条件とするローン(貸付)。→担保貸し、無担保ローン

端末装置(terminal unit)
コンピュータのオンラインシステムに接続されている、
データを入出力するための装置。
中央演算装置に情報を入力したり、
情報を取り出した。
posted by カードキャッシング at 01:32 | 学生向けキャッシング用語集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。